腰痛を予防するためにできること

子育てママのつらい腰痛を軽減するために役立つ情報を集めました

多くの子育てママを悩ませている腰痛

子育て中のママが腰痛になりやすい原因の1つに、妊娠・出産を経験していることが挙げられます。 そこで、妊娠・出産で起こる体の変化、そしてその変化がどうして腰痛を引き起こすのかをご説明します。 また、子育て中は腰に負担をかけやすいとも言われています。 具体的にどのような行為が原因となるのかも押さえましょう。

つらい腰痛にならないためにできること

子育て中のママが腰痛を予防するためには、妊娠・出産で変化した体を元の状態に戻してあげることが重要です。 そのためにどういったケアをすべきかをご紹介します。 そして正しい姿勢でいることも、腰痛の予防には必要不可欠です。 子育て中のママが特に気を付けたい姿勢のポイントも押さえましょう。

なぜ子育てママは腰痛になりやすいの?

日々子育てに邁進していると、子供の成長に喜びを感じたり、子供と過ごす時間に幸せを感じるものです。
しかしその反面、子供中心の生活になり、ママ自身の体のケアは後回しになっているのでは?
そのため、寝不足が続いたり慢性的に疲れてしまい、体にいろいろな不調が起こりやすくなります。
その中でも、つらい腰痛は多くのママが悩まされているのではないでしょうか。

子育て中のママが腰痛になりやすいのは、妊娠・出産を経験していることが考えられます。
妊娠・出産は女性の体に大きな変化をもたらし、その変化が、産後腰痛を引き起こすと言われています。
腰痛を予防するためには、まず妊娠・出産で起こる体の変化と腰痛の関係性について知ることが大切です。
また、子育て中はいろいろと腰に負担をかける体勢を強いられ、さらに腰痛を引き起こしやすくなります。
どのような体勢が腰に負担をかけているのかを知り、正しい姿勢を学びましょう。

普段何か病気にかかった時は、医師の診察を受けたりお薬を飲んだりされるかと思いますが、腰痛になった場合はどうでしょうか。
腰痛ぐらいでは、と我慢して長引かせているのでは?
しかし、腰痛といえども油断大敵。
そのままにしておくと、体の不調だけではなくメンタル面にも悪影響を及ぼします。
また、腰痛が大きな病気のサインとして現れている場合も。
どのような痛みを感じる時、その危険があるのかをご紹介しますので、心当たりのある方は一度医師の診察を受けることをおすすめします。


腰痛を放置するとこんなことも!

子育て中、腰痛を感じても病院に行くのは難しいものです。 しかし腰痛をそのままにしておくと体だけではなく、心の健康も害してしまいます。 また、いつもと異なる痛みやひどい痛みを感じる場合は注意が必要です。 何か大きな病気のサインとして腰痛が現れているかもしれません。

TOPへ戻る↑