子育てママのつらい腰痛を軽減するために役立つ情報を集めました

>

多くの子育てママを悩ませている腰痛

妊娠・出産による体の変化が関係している!

子育て中のママが腰痛になりやすいのは、妊娠・出産が影響していると考えられます。

赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように、妊娠中は骨盤をゆるませるリラキシンというホルモンが分泌されます。
このホルモンの作用は産後数か月間続くため、産後のママの骨盤もゆるんでいる状態です。
骨盤がゆるんでいると、体をしっかり支えることができず腰に大きな負担をかけてしまいます。
そのような不安定な状態で赤ちゃんを四六時中抱っこしていると、ますます腰に負担がかかり、結果として腰痛になってしまうのです。

また、妊娠中重たい子宮を支え続けていた腹筋が、産後は伸びきった状態になります。
そのため上体を起こす時など、おなかに力が入りにくく、腰に頼りがちになりさらに腰への負担が増すことに。

赤ちゃんのお世話は腰に負担がかかりやすい

産後、ママの生活は赤ちゃんのお世話が中心となります。
赤ちゃんをお世話していると、いろいろな場面で腰に負担がかかってきます。

まず、赤ちゃんを抱っこしている時です。
妊娠中に筋力が低下してしまった状態で、毎日3kg近くある赤ちゃんを抱っこしていると、その重みに耐えきれず腰を反らして支えようとしてしまうので、腰を痛めがちです。

また、毎日幾度となく行う授乳も腰に負担がかかります。
慣れないうちは赤ちゃんの口元におっぱいを向けることに夢中になりすぎて、猫背になってしまったり、体が歪んだ状態になってしまうからです。

それ以外にも赤ちゃんの着替えやおむつ替え、沐浴など、腰を曲げて前かがみになって行う作業が多いので、赤ちゃんをお世話することはとても腰に負担がかかりやすいことなのです。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑